リースのメリット Merits
合理的な節税と無駄な経費はダイエットしたいもの。それを可能にするのが「リース」です。
>> ユーザー様のメリット
>> メーカー・ディーラー様のメリット

ユーザー様のメリット
 
--------- --------------------------- ---------
1 資金を固定することなく有効活用
高額な設備投資も、リースなら月々わずかな額で済みます。したがって、余力を他の投資や開発・研究などにあてることができ、資金の運用効率がグンと高くなります。
--------- ---------
2 100%の投資効果
借入金で設備機器を購入する際、担保やその他の融資条件などのために100%の投資効果が得られないことがあります。しかし、リースなら無理なく負担をかけずに済みます。
--------- --------------------------- ---------
リース料は全額損金処理 3
月々のリース料は、税務上全額損金処理できます。また、法定耐用年数10年未満の物件はリース期間を法定耐用年数の70%(10年以上の場合は60%)に短縮できますので、実質的に節税となります。
--------- --------------------------- ---------
4 設備機械の管理コスト低減
設備機械を購入する場合には、面倒な手続きや煩わしい管理事務が伴います。しかし、リースならこれらの事務をリース会社が行いますので、管理事務が簡素化されます。
--------- ---------
5 原価管理を徹底
設備機器の使用コストを把握することは、収支予想・利益計画などにおいて重要です。リースの場合、月々の支払額は一定となりますので、コスト計算などが容易になります。
--------- --------------------------- ---------
技術革新にタイムリーな対応 6
購入した場合、償却が終わらないうちは新しい機器に替えにくいもの。リースなら、経済耐用年数に合わせて期間を設定できますので、新鋭機器への切り替えが計画的に行えます。
--------- ---------
公的助成制度の利用 7
一定の条件を満たすお客様に対して、税制上の優遇措置や助成金などの公的助成制度が利用できます。
--------- --------------------------- ---------


  メーカー・ディーラー様のメリット
 
--------- --------------------------- ---------
1 販売促進効果
様々なメリットを持つリースをご提案することで、販売促進に役立ちます。
--------- ---------
2 資金効率の向上
お客様に代わって北越リースが代金の支払を致しますので、速やかで確実な代金回収ができます。
--------- ---------
計画的販売活動 3
リースは契約期間が定められておりますので、物件の入替時期を把握することができ、計画的な販売アプローチを実施できます。
--------- ---------